名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story 上の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
少年コミック

名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story 上

青山剛昌/原著 新井隆広/イラスト
発売日: 2020年12月18日
発行元: 小学館

新たなる『名探偵コナン』開幕!

降谷零、松田陣平、伊達航、萩原研二、諸伏景光・・・・・・

現在、降谷を除く全員は既にこの世にいない。

だが、5人は警察官としていずれも劣らぬ不世出の才能を持っていた。

そんな彼ら、実は警視庁警察学校の同期。

ずば抜けて優秀な反面、問題視される程強烈な個性を持つ彼らは

一体、どんな学校生活を送っていたのか・・・!?

今語られる正義を胸に駆け抜けた5人の青春時代・・・

原作・青山剛昌、作画・新井隆広で贈る、

新たなる『名探偵コナン』開幕!

【編集担当からのおすすめ情報】

1000話を超える名探偵コナンの歴史の中で一際、存在感を放つ5人の警察官。

松田陣平、降谷零、伊達航、萩原研二、諸伏景光・・・

ココでしか見ることのできない、彼らの青き日々、是非ご一読ください。

担当ライター
ももさとのアイコン画像 ももさと
の面白い3つの見どころ

  • 本編でも活躍している降谷零の警察学校時代とは?
  • 騒動を引き起こしつつ事件を解決するところが面白い!
  • 青山剛昌先生の原案で、巻末のネーム集も見ごたえあり!

book 名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story 上 の書評(感想)

大人気コミック『名探偵コナン』のスピンオフ作品です。

コナンを知っている方のほとんどが把握しているであろう、降谷零の警察学校時代の物語です。

原案も青山剛昌先生だと聞き、それなら読まなければと購入しました。

表紙の5人は学校の同期メンバー。

降谷以外の4人も本編に既に登場していますが、覚えていなくても問題なく読めるので大丈夫ですよ。

上巻には、松田陣平編と伊達航編が収録されています。

喧嘩にも機械にも強く、傍若無人で最初は降谷と馬の合わない松田。

警察官のことも嫌いなのに、なぜ警察官を目指そうとしているのか?

そして鬼塚教場の班長となり、みんなを引っ張るリーダーに相応しい風格の伊達。

彼が強さこそ正義だと固執している理由はなんなのか?

それぞれの背景が見えてくるのはもちろん、その過程で色んな騒動を引き起こしてしまうのが面白いポイントです。

後半部分には、青山先生への質問に対する回答や、アニメキャストのコメント、それに青山先生のネームが載っています。

ネームページは38ページあり色々な場面が見られるので、ファンには必見かもしれません。

2021年12月には本作第1弾のアニメ化が決定済みで、

2022年公開予定の劇場版名探偵コナンにはこの警察学校組が関わってくるであろうこともわかっています。

コナンの今後の展開をより楽しむためにも、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

recommend あなたにおすすめの書評(「名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story 上」 に類似した作品を優先して表示)