偽りのフレイヤ 1の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
少女コミック

偽りのフレイヤ 1

石原ケイコ/著
発売日: 2018年05月05日
発行元: 白泉社

男女入れ替わり 白泉社の王道大河ファンタジー、開幕!

大国の脅威に怯えるテュール王国──…。小村の少女・フレイヤは病弱な母と二人、騎士となった二人の幼馴染の帰郷を待ちわびていた。だが、久しぶりに帰郷した幼馴染・アーロンは、その命を隣国から狙われているという…。アーロンの命を守るべく忍びこんだ城で、自分と瓜二つの容姿をもったテュール王子・エドヴァルドと出会い…? ちっぽけな少女の運命が、大きく動き出す!

2018年4月刊。

担当ライター
シトロンのアイコン画像 シトロン
の面白い3つの見どころ

  • 怖がりで泣き虫な少女が王子の替え玉!?
  • 強い兄の影に隠れていた弟の覚醒
  • 息継ぎのできない王道ファンタジーに釘付け

book 偽りのフレイヤ 1 の書評(感想)

表紙を見て、高貴な人が着るような甲冑を纏った子の凛々しい表情と剣に映る気弱な表情との違い。

タイトルと相まってどのような話なのか気になりました。

隣国シグルスに売られそうになった少年2人を幼い少女が助けたことから始まる、急展開な王道ストーリーに一気に心掴まれます!

テュール王国の田舎村で暮らす泣き虫の少女フレイヤ。

恋愛未満で兄のように慕うアーロンと距離が近く軽口を叩き合うアレクシスから、騎士に守られる姫のように大切にされています。

皇太子エドヴァルトの黒騎士として他国にまで知れ渡るようになったアーロンは、フレイヤを王都に連れ帰るよう密命を受けます。

しかしアーロンはそれを拒み、フレイヤに告げることなく去りますが、テナ村を奪おうとする隣国から守るために一つの決意をします。

命が尽きる王子に役目を託されたフレイヤは、震える身体を奮い立たせて見事に王子を演じきりますが、あまりにも残酷な事態が待ち受けていました。

メインキャラだと思っていたアーロンの早期退場に衝撃を受けました。

兄の影に隠れる存在だった弟アレクシスは、替え玉として生きることになったフレイヤを近衛騎士となって守ることを決意します。

黒騎士と対になる白騎士ユリウスが登場して更に進んでいく物語に惹きつけられます。

泣き虫だった少女が大切な人と自国を守るために奮闘して成長する姿に、応援したくなること間違いなしです!

recommend あなたにおすすめの書評(「偽りのフレイヤ 1」 に類似した作品を優先して表示)