贄姫と獣の王 4の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
少女コミック

贄姫と獣の王 4

友藤結/著
発売日: 2017年06月19日
発行元: 白泉社

サリフィが挑む新たな“王妃への試練"。それは、王すら直接の面識がない謎に包まれた人物でありながら、筋金入りの人間嫌いと噂される武将・ガロア公爵の王宮訪問を歓待する事! 王宮に関する知識や舞踏会で披露する舞の習得等、出来る限りの準備をして迎えたサリフィだが、ガロアは人間に対する嫌悪感を剥き出しに傍若無人な振る舞いを続け…!?

2017年5月刊。

担当ライター
そらのアイコン画像 そら
の面白い3つの見どころ

  • 可愛いお帰りパーティーが微笑ましい
  • 次なる「王妃の試練」が開始
  • サリフィの度胸と優しさに注目

book 贄姫と獣の王 4 の書評(感想)

仲良しなサリフィとレオが可愛い表紙です!

イリヤの件も一段落しましたが、どこか元気のない様子のサリフィを元気づけようとするアミト姫たちがなんとも微笑ましいです。

開かれた「サリフィのお帰りパーティー」は、アミト姫に嬉しい偶然もやってきてとっても和やかでした。可愛いアミト姫に注目です!

そして「聖獣召喚」を無事にクリアしたサリフィに新たな「王妃の試練」が告げられます。

今回は、気難しく人間嫌いと名高いガロア公爵を女主人としてもてなすこと。

淑女としての礼儀作法はアミト姫直伝です!

教養あるアミト姫って、やっぱり一国の姫なんだなと思ってしまいますよ!

女主人として着飾りもてなすサリフィを応援してしまうこと間違いなしです。

このガロア公爵、アヌビス以上に意地悪です。レオでなくてもちょっと腹が立ちます。

しかし、さすがはサリフィ。危機的状況になっても開き直る強さと度胸を持っています。

どんな時でも決して臆することのないその強さと優しさ。

レオと共に歩んでいくと決めていても自分らしさを失おうとしないその姿は、必見です!

さらに、サリフィを妃に推薦する初めての人物が登場します。

妃として初めて支持する者が現れた事でこれからどう変化していくのか、続きが気になってしまいます!

recommend あなたにおすすめの書評(「贄姫と獣の王 4」 に類似した作品を優先して表示)