狼と香辛料の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
ライトノベル

狼と香辛料

支倉凍砂/著 文倉十/イラスト
発売日: 2006年03月10日
発行元: KADOKAWA

担当ライター
とりじまのアイコン画像 とりじま
の面白い3つの見どころ

  • 経済を主軸にした異色のライトノベル
  • 主人公とヒロインのイチャイチャぶりにニヤリ
  • テレビ版と原作で大きな違いアリ

book 狼と香辛料 の書評(感想)

みなさんはライトノベルを選ぶ時、どんな基準で作品を選びますか?

「ヒロインがかわいい作品を読みたい」

「やっぱりラノベの主人公は賢くてかっこよくなきゃ」

「どうせ読むなら他とは違う作品を手に取りたい」

これらの意見は一見バラバラに見えます。

ところがこれらの三つを同時に楽しめるライトノベルがあります。

それがこの作品、狼と香辛料です。

主人公であるクラフトは若くして商人として旅をしています。そこにヒロインである狼のホロが旅に加わって――というのがこの作品のあらすじです。

まずこのホロというキャラクターがとてもかわいく描かれています。

ホロは花魁言葉を喋る大人びたキャラで、実はクラフトより遥かに年上の存在です。

そんなホロとクラフトの掛け合いが、実に良いのです。

見方によってはイチャイチャしているようにしか見えないそのやり取りが、読者のツボを刺激します。主人公であるクラフトもただの青年ではありません。

クラフトは賢い商人であり、時には人を騙すこともあります。

クラフトとホロがタッグを組んだ頭脳戦こそ、この作品の見どころと言えるでしょう。

そしてこの作品は、経済を主軸にするという、他のライトノベルとは明らかに違った雰囲気を持っています。

他とは一風変わった作品だからこそ、あの電撃小説大賞で銀賞を獲得したのかもしれません。

「狼と香辛料はテレビ版を見たからもういいや」という方、ぜひそう言わず原作も手に取ってみてください。

テレビ版は原作から意外な変更がなされているので、比べて読むのもまた楽しいです。

たくさんの魅力を持った作品ですので、ぜひ一度お手にとっていただければ幸いです。

recommend あなたにおすすめの書評(「狼と香辛料」 に類似した作品を優先して表示)