贄姫と獣の王 2の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
少女コミック

贄姫と獣の王 2

友藤結/著
発売日: 2016年10月20日
発行元: 白泉社

宰相が招いた姫の一人が王の寝室にいるのを目撃し、胸が痛むサリフィ。魔界で初めて出来た友達・アミト姫の恋する姿に背中を押されて…? 人間を疎む宰相達はサリフィに更なる試練を課す!正式な王妃と認められる為に、サリフィは、命を懸けて聖獣の召喚に挑む事に…!!

2016年9月刊。

担当ライター
そらのアイコン画像 そら
の面白い3つの見どころ

  • サリフィを守るレオが格好良い!
  • 一途に想いを寄せるアミト姫が可愛い
  • 未来のために踏み出したサリフィに注目

book 贄姫と獣の王 2 の書評(感想)

生贄から一転、王の花嫁になったサリフィとレオの続きが気になって購入。

相変わらずサリフィを認めていないアヌビスは、サリフィに冷たい上に厳しいです!

王に仕える新しいキャラクターも続々登場してきましたね。

アヌビスの友人である軍人・ヨルムンガンド隊長を一途に想うのが、アミト姫。怖い容姿ながらも恋する乙女で可愛いです。

レオに興味はなくヨルムンガンドを想う姿に、可愛いなあと思ってしまいます!

そして、自分の気持ちがよく分かっていないサリフィに色々と助言をするシーンも必見です。

波乱ありまくりの今回ですが、相変わらずサリフィを守るレオが格好良いです!

同時に、王族に生まれた女の宿命について知ることもできる話の展開にもなっています!

さらにさらに後半では、サリフィがレオと一緒に生きるために命を懸ける「王妃の試練」に挑みます。

まずは、自身の命を削って行う「聖獣召喚」

自分の危険も顧みることもなく、生きる気力も無かったサリフィが大きな成長をするので注目してくださいね。

自分が当たり前だと思っていた考えでも、誰かにとっては当たり前ではないという事を実感できると思います。

新しいキャラクターが登場したことでワイワイし始めたサリフィとレオの日常を覗いてみませんか?

recommend あなたにおすすめの書評(「贄姫と獣の王 2」 に類似した作品を優先して表示)