後宮の烏の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
ライト文芸

後宮の烏

白川紺子/著 香魚子/イラスト
発売日: 2018年05月20日
発行元: 集英社

後宮の奥深く、夜伽をしない「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。不思議な術を使うという烏妃のもとを、皇帝・高峻が訪れる。翡翠の耳飾りに取り憑いた女の幽霊の正体を知りたいというが……。

担当ライター
シナモンのアイコン画像 シナモン
の面白い3つの見どころ

  • 麗しい妃たち、顔のいい帝や宦官…やっぱり外せないビジュアルの良さ!
  • 思わずクスッと笑える、錯綜する人間模様。
  • じわじわと明かされる烏妃の秘密に目が離せない!

book 後宮の烏 の書評(感想)

はじめに目が留まったのは、黒い衣に身をつつむ美しい少女の表紙。

直感的に「面白そう」と思いました。

――後宮の奥深く、〈烏妃〉と呼ばれる妃が住んでいる。

物語はこの一文からはじまります。烏妃とは一体何なのか。

この作品の一番の謎であるこの問いに冒頭からスッと引き込まれました。

文章はとても丁寧で読みやすく、色彩豊かな描写で風景や衣装、食べ物まであらゆる生活を垣間見ることができます。

『後宮』のイメージがあいまいな私の頭にも次々とシーンが浮かんできました。

烏妃という存在は知りつつも、そのほとんどがはっきりとした正体を知りません。

ただ、ひとつだけはっきりとしているのは烏妃が不思議な術を使うということ。

ファンタジー好きには堪りませんね。作中には楽土にいけず彷徨う幽鬼が出てきます。

そんな幽鬼を救うため、ずっと人目を忍んで生活をしてきた烏妃がさまざまな過去や性格のある登場人物と出会っていきます。

その一人ひとりとの関わりは思わずクスッと笑ってしまいますが、しっかりとそれらが伏線となり、読み進めて行けば行くほどに目が離せません。そして、もちろん色恋も。

ファンタジーがお好きな方だけでなく、ミステリーや歴史など色んな要素がつまっている作品です。

あなたも一緒に烏妃の秘密に迫ってみませんか?

recommend あなたにおすすめの書評(「後宮の烏」 に類似した作品を優先して表示)