偽りのフレイヤ 4の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
少女コミック

偽りのフレイヤ 4

石原ケイコ/著
発売日: 2020年04月05日
発行元: 白泉社

陥落寸前のレレン砦。

絶体絶命のその時、突如現れた牡鹿の角をもつ集団――森の民・ゲルダによりフレイヤ達は救われる。

彼らの中に、崖から落ちたはずのアレクシスの姿を見て…?

過酷な運命の代償に、少女が得たものとは――…

2020年3月刊

担当ライター
シトロンのアイコン画像 シトロン
の面白い3つの見どころ

  • 何度踏みしめても消えない炎の源
  • アレクが支払った代償が何であるのか気になる
  • 古の誓いを果たす「王権の五宝珠」を探す旅が始まる

book 偽りのフレイヤ 4 の書評(感想)

アレクと一緒に現れた森の民に窮地を救われたことで、王都からの援軍が間に合い、砦を死守できました。

兵士たちの戦意を何度も蘇らせたフレイヤを、戦に負けた敵の副官は炎の源だと称します。

砦を守る戦に勝ったフレイヤは森の民に礼を告げますが、代償はアレクに貰ったと不思議なことを言い残し、森の民は去ります。

それが何であったのか、あとの話の展開に絡んできそうで気になってしかたありません。

自分の帰還を安堵して大泣きするフレイヤを抱きしめるアレクからは、大事にして守りたいという気持ちが強く伝わってきました。

砦の戦後に開かれた会議で「シグルスに許しをこうべきだ」と言う強欲な宰相に、フレイヤは強い言葉で拒否します。

大国に飲み込まれないため、知恵を貸してくれというフレイヤに、ラーシュ大臣がテュールと四王国には『古の誓い』があることを教えてくれました。

それを聞き、5人の王が友情と絆の証に分け持った五つの宝石「王権の五宝珠」により、互いの国が危機の時には助ける、という盟約を履行してもらうことを決意します。

数多な周辺国を攻め落とす大国に抗うため、4つの国の王に会いに行くというフレイヤの旅が始まります。

主要になりそうな新たなキャラが登場して、更に続きが楽しみになります。

recommend あなたにおすすめの書評(「偽りのフレイヤ 4」 に類似した作品を優先して表示)