神様はじめました 1の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
少女コミック

神様はじめました 1

鈴木ジュリエッタ/著
発売日: 2008年10月19日
発行元: 白泉社

父親が家出し、住む家もなくした女子高生・桃園奈々生の前に現れた怪しい男。「奈々生に家を譲ろう」という男の言葉を信じて彼の家を訪ねると、そこは廃神社! 怪しい男の正体は、土地神・ミカゲだった!! 奈々生は神社を譲られるかわりに、神様の仕事を任されてしまって!? 2008年9月刊。

担当ライター
ももさとのアイコン画像 ももさと
の面白い3つの見どころ

  • 人間×妖怪の王道恋愛マンガ!
  • ツンデレな美形ドSヒーローに胸キュン
  • 土地神と神使という関係性にときめく

book 神様はじめました 1 の書評(感想)

主人公の桃園奈々生はいたって普通な女子高生。

そんな彼女はひょんなことから土地神になってしまい、神に仕える神使の巴衛と寂びれた神社を盛り立てていくことになるのです。

この巴衛、狐耳が生えている姿を見てわかるように、人間ではなく妖怪。

美形、有能、ツンデレで、更にドSで口が悪くひねくれているのに優しいというギャップ持ち。

1巻は、奈々生が巴衛と出会って土地神として少し働くところまでなのですが、巴衛の魅力ポイントを十分に確認できる内容です。

奈々生が人の世に戻りたがっているのではないかと思いツンケンしちゃう巴衛に、胸を打ち抜かれた読者も多いはず...!!

土地神と神使の関係とはいえ、まだお互いに想い合ってもいない段階からこの調子なら、「好き」という感情が芽生えたらどうなっちゃうの...!?

奈々生は後先考えずに行動してしまう節はありますが、それも自分の力で頑張りたいという思いがあるからこそ。

そういう姿を巴衛と同じく、振り回されるような気持ちで見守る、という読み方もありかもしれませんね。

そして気になるのが、第五話で出てきた『妖怪と人間の恋路は禁忌』というセリフ。

禁忌とはどういう意味なのか、奈々生と巴衛の恋路はどうなってしまうのか……

この先に待ち受ける困難や、それを乗り越える過程の胸キュン展開が楽しみです。

この作品で、久しぶりにときめき気分を味わってみませんか?

recommend あなたにおすすめの書評(「神様はじめました 1」 に類似した作品を優先して表示)