王子が私をあきらめない!(1)の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
少女コミック

王子が私をあきらめない!(1)

アサダニッキ/著
発売日: 2016年12月11日
発行元: 講談社

IQ500、王家の血筋、石油王etc...とんでもない称号に彩られた学園の王子・一文字初雪。

一方、特に取り柄はない、THE 庶民・吉田小梅。

まるで接点のない2人だが、突然、王子が庶民に恋をしたから事態は急変!

庶民の常識など一切通用しない、王子の猛攻に小梅はタジタジ。

「僕と交際してくれ」「む、無理です!」

王子の異常で過剰な愛情の行方は…?

溺愛系ハイパー格差ラブコメ第1巻!

IQ500、王家の血筋、石油王etc.数々の称号を持つ学園の王子・一文字初雪。一方、特に取り柄なし、THE庶民・吉田小梅。まるで接点のない2人だが、突然、王子が庶民に恋をしたから事態は急変!庶民の常識は一切通用しない、王子の猛攻に小梅はタジタジ。「僕と交際してくれ」「む、無理です!」王子の異常で過剰な愛情の行方は…?溺愛系ハイパー格差ラブコメ第1巻!

担当ライター
ももさとのアイコン画像 ももさと
の面白い3つの見どころ

  • 庶民のヒロインと王子様ヒーローという王道学園ラブコメ
  • ギャグ要素と胸キュン要素のバランスがちょうどいい!
  • ヒーローの初雪の優しく真っ直ぐな人柄に惹かれる

book 王子が私をあきらめない!(1) の書評(感想)

面白かったという感想を見かけて、読みやすそうだったので手に取ってみました。

物語の舞台は、私立王冠学園高等部。

学校名から察せられる通り、ここの生徒は超セレブな家庭で育った人ばかり。

ヒロインは、運良く学園に通えるようになった庶民の吉田小梅。

対するヒーローは、IQ500、王家の血筋、ノーベル平和賞受賞などなど、とにかく設定がてんこ盛りな完璧超人の生徒会長、一文字初雪です。

このキャラクター設定の時点で、ギャグ強めのラブコメだということがおわかりになるかと思います。

ふたりの出会いは、初雪の便所飯を小梅が目撃してしまった時。

ロマンスの欠片もありませんが、この気負わない感じが作品のいいところです。

初雪は小梅に対して、最初は興味本位のような感じで交流しようとしていたのですが、いつの間にか恋愛感情が芽生えていることに気付きます。

一方の小梅も、初雪を避けようとしていましたが、優しく真面目な人柄を知り、寂しい人だとも思うように。

お互いに認識や気持ちのズレはあるものの、着実に近づいていく距離にニヤニヤしちゃいます。

初雪の取り巻き筆頭である生徒会執行部の四天王メンバーもよく登場しますが、こちらも個性が強め。

小梅のことを敵視しているのですが、四天王のボケに対する小梅のツッコミという関係も面白いです。

初雪はすでに小梅に押せ押せモードなので、小梅がどこで恋を自覚してどういう展開になっていくのか… 続刊がとても気になる作品です!

recommend あなたにおすすめの書評(「王子が私をあきらめない!(1)」 に類似した作品を優先して表示)