やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
ライトノベル

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

渡航/著 ぽんかん8/イラスト
発売日: 2011年04月18日
発行元: 小学館

青春は残酷だ!?ひねくれ男の妄言ラブコメ

--青春は嘘で欺瞞だ。リア充爆発しろ!

ひねくれ者故に友達も彼女もいない高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学園一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」だったーー。

さえない僕がひょんなことから美少女と出会ったはずなのに、どうしてもラブコメにならない残念どころか間違いだらけの青春模様が繰り広げられる。

俺の青春、どうしてこうなった?

『僕は友達が少ない』の平坂読氏も(twitterのつぶやきを)注目する期待の新鋭、『あやかしがたり』で第3回小学館ライトノベル大賞、ガガガ部門大賞受賞の渡航(わたり・わたる)が残念系ラブコメに参戦!?

担当ライター
poohのアイコン画像 pooh
の面白い3つの見どころ

  • 主人公のぼっちっぷりが最高
  • 女の子キャラが可愛い
  • 青春とは何なのかを考えさせられる

book やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 の書評(感想)

購入前にまず思ったのが「タイトルが長い!」でした。

しかし、タイトルからは内容が連想できなかったこともあり、気になって購入に至りました。

物語の主人公は、少年漫画のようなヒーローではありません。

この作品は、主人公が「ぼっち」であるという、今までに類を見ない主人公であると言えるのではないでしょうか。

一方で、この作品は主人公が「ぼっち」だからこそ最大の魅力となっていると言っても過言ではないでしょう。

主人公の「ぼっち」を起点に様々なストーリーが展開されていきます。

「奉仕部」という部活に入ることとなりますが、活動を通して様々な問題と対面していきます。

そこで注目すべきは、彼のぼっちならではの考え方や発言です。

一見卑屈にとらえることもできますが、的を射ているものが非常に多く、妙に共感できてしまって笑ってしまいます。

また、ヒロインも複数出てきますが、可愛いだけではなくどの子も一癖あるキャラクターですので見ていて飽きません。

学校生活を起点として物語は進んでいきますが、思春期ならではのストレートに考えられない思考が作品を通してひしひしと伝わって来ます。

単純な青春ラブストーリーではないところが、見ていて飽きずに気になってしまう良い作品です!

recommend あなたにおすすめの書評(「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」 に類似した作品を優先して表示)