ヲタクに恋は難しい (1)の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
少女コミック

ヲタクに恋は難しい (1)

ふじた /著
発売日: 2015年05月30日
発行元: 一迅社

担当ライター
そらのアイコン画像 そら
の面白い3つの見どころ

  • 可愛い絵柄で、しっかり笑えてドキドキできる!
  • ヲタクあるあるなネタが最高
  • 無表情だけど成美が大好きな宏嵩が可愛い

book ヲタクに恋は難しい (1) の書評(感想)

漫画ヲタクな自分にとって、以前から興味をそそられていたタイトルのため購入決定。

物語は、長く親しい間柄の成美と宏嵩、同じ会社の上司にあたる樺倉と花子の4人を中心に進みます。

ヲタクの中でも特に引かれやすい腐女子の成美は、腐女子ゆえに彼氏にフラれることが多く、歴代彼氏を語る姿をつい不憫に感じてしまいます。

会社の人にも嫌われたくないから・引かれたくないからという理由で、ヲタクであることを隠そうとする成美に、共感する人が続出しそうだなと思いました。

一方、成美と付き合いはじめる宏嵩は、重度のゲームヲタクです。

ほとんど無表情だからこそギャップの破壊力が凄まじく、キュンキュンします。成美のことが大好きなんだなあ…とびしびし伝わってきますよ。

次第に宏嵩を意識していく成美の反応にもキュンキュンしてしまいます。

そして樺倉と花子との掛け合いの塩梅も絶妙! もちろん、樺倉を想う花子の心境も乙女そのものなので、この2人からも目が離せません。

ハマっているジャンルは違えど、お互いの趣味を尊重しあえる関係にほっこりします。

ギャグの内容は、ヲタクあるあるなものばかり。経験がある方はもちろん、あまり馴染みがない方でも笑える内容ばかりです。

ヲタクだから難しいなんて関係なく、みんな誰かに一生懸命恋をしている姿にドキドキしてしまうこと間違いなしです!

大いに笑い、可愛い恋に胸が締め付けられる作品です。

recommend あなたにおすすめの書評(「ヲタクに恋は難しい (1)」 に類似した作品を優先して表示)