聖女のはずが、どうやら乗っ取られました(1)の表紙
作品詳細を開く
chevron_right
少女コミック

聖女のはずが、どうやら乗っ取られました(1)

吉高花/著 じさま/著 縞/著
発売日: 2020年12月25日
発行元: スクウェア・エニックス

追放されても”聖女”の『癒やし』力があれば大丈夫?

『助けてくれませんか? YES or NO』よくある流れで乙女ゲーム『救国の花園』の世界に聖女として召喚されてしまった「アニス」。

だが、一緒に召喚された同郷のヒメに『聖女』の座を奪われてしまう…!

使えるようになっていた「癒やし」の魔術も認めてもらえず、僻地の村へ追放されてしまうアニス。

この先のシナリオが進めば、いずれ隣国ファーグロウにいる将軍が死亡し、ヒメが聖女として君臨する悲惨なエンディングを迎えることになる。

アニスにとって、それは死…。

自身の生き延びる道を探すため、将軍を救い、シナリオを変えることを決意するのだけど…?

「癒やし」で切り抜ける異世界コメディ第1巻です!

担当ライター
そらのアイコン画像 そら
の面白い3つの見どころ

  • 聖女・アニスの活躍が気になる
  • 謎の青年・レックが格好良い!
  • 乗っ取られた物語の続きが気になる

book 聖女のはずが、どうやら乗っ取られました(1) の書評(感想)

異世界への転生・召喚作品は多く出回るようになりましたが、「乗っ取られた」という言葉に興味を惹かれました。絵も好みだったので、購入。

人気乙女ゲームの世界に召喚された主人公でしたが、一緒についてきてしまったヒメに「先読みの聖女」の座を奪われてしまいます。

このヒメと言うキャラクター、何故か幼い頃から主人公に付きまとって嫌がらせばかりをしていました。

しかも、挙句の果てには殺そうとしてきます。

それでも生き残り、”アニス”と名乗り始めた主人公は能力を駆使してたくさんの人を治療していきます。

途中、老神父・オースティンと魔獣・ロロを味方につけたアニスが順調に力を伸ばしていく展開がおもしろいです。

それにしてもこのアニスさん、とってもお人好し。

とりあえず、自分が出来る事をやろうと努力するのでこんな人に悪いところを治してもらいたい! と感じてしまいます。

物語序盤で出会うレックという青年も格好良いだけではなく、割と強かな面があり必見です。

相変わらず命を狙ってくるヒメですが、何故そんなにアニスを敵視するのかも謎…

国を乗っ取られたアニスとレックとの関係もかなり気になる展開になります。

さらに、普段は可愛いのに突然変顔になってしまうアニスの表情も注目です。

国を乗っ取られても強いアニスたちの冒険を一緒に垣間見てみませんか?

recommend あなたにおすすめの書評(「聖女のはずが、どうやら乗っ取られました(1)」 に類似した作品を優先して表示)